HEAT20

ZEHを超える断熱レベルのHEAT20が全棟標準

HEAT20とは

現在の最高ランクである断熱等性能等級4は、2020年に最低基準になります。

三陽工務店の標準仕様は、ZEHも上回るHEAT20のG1・G2の断熱性能に対応。

HEAT20とは?:
深刻化の一途を辿る地球温暖化とエネルギー問題 。
その対策のために「2020年を見据えた住宅の高断熱化技術開発委員会」が2009年に発足しました。 HEAT20はその略称であり、呼称です。HEAT20は長期的視点に立ち、住宅における更なる省エネルギー化をはかるため、断熱などの建築的対応技術に着目し、住宅の熱的シェルターの高性能化と居住者の健康維持と快適性向上のための先進的技術開発、評価手法、そして断熱化された住宅の普及啓蒙を目的とした団体です。メンバーは研究者、住宅・建材生産者団体の有志によって構成されています。全国で35社、神奈川に本社を置く会社では2社のみとなっております。(2018年4月時点)

断熱材

高性能発泡断熱材

アクアフォームをたっぷりと使用!

揮発性有機化合物VOCを含まない高性能な断熱材であるアクアフォームを贅沢にたっぷりと吹き付けています。長期間、安定した性能を発揮し、静かな住環境・吸音性能を実現しています。
 

高性能外貼り断熱材

オリジナルのダイヤカットによりスムーズな空気の流れを実現

高性能な外貼り断熱材であるcmボードを使用。ダイヤカットにより通気層を確保し、スムーズな空気の動きを実現しています。
 

窓・サッシ

オール樹脂サッシを全棟標準採用!!

国内最高レベルの断熱窓

国内最高レベルの断熱性能のあるYKK APW330オール樹脂サッシを標準採用!!高性能な樹脂サッシにLow-Eのペアガラス、アルゴンガスを注入するなど徹底的にこだわった窓サッシを標準で採用しています!
 

[ 温度条件 ]
試験画像:室外温度0℃/室内温度24℃
結露画像:室外温度0℃/室内温度20℃/相対湿度60%
※注意結露の発生は窓の性能だけではなく、住まいや他の自然環境にも影響されます。室内の条件によって結露が発生する場合もあります。

耐震性への取り組み

ハイブリッド構造で自身に強い家を

筋交いとダイライトパネルのハイブリッド構造

筋交いの壁は地震の力を点と点で支えているため、一か所に力が集中。また、2階の桁を押し上げる応力が発生し、2階の床を持ち上げてしまいます。耐震壁パネルは面で支えるため、地震の強い力を分散させます。集中加重や2階の床を持ち上げる力は発生しません。窓下や屋根などのみつけ面積にも準耐力壁として有効に働くため、耐震性に優れています。
 

| 1 | 2 | 3 |